FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
青少対の方々との懇談
2月9日、六郷地域の青少対の方々と議員の懇談が、
六郷特別出張所で開かれました。


高畑小の通学路にJRの高架下を通るところがあって、
暗がりがあるから、安全対策を。
少人数学級を取り組んでもらいたい。
子ども達は本当に大変である。
カウンセラーなど特別な人を配置することも必要だが、
やはり少人数クラスが急がれる。
また、大規模校対策が何も取られていないのは問題だ。
という問題提起がされました。


議員は荒川、犬伏、山崎、金子4人でした。


金子議員は、少人数学級については、
かねてより議会質問を取り組んでいるので、
父母の方々の願いは当然であり、
格差社会の中で子ども達も苦しんでいる。
習熟度別授業に過配されている教師を当てるだけでも
実現することを話しました。


すると、荒川議員が、
30人学級は、共産党以外は賛成しないので、
絶対実現しないと発言したので驚きました。
民主党はマニュフェストで少人数学級を主張しています。


質問した人は、なぜかと再び聞いて、
【教員を増やすといくらお金がかかると思うか。
共産党が政権でもとらなければ実現しない】
と無責任な答えだったので、
もういいですと黙ってしまいました。


金子議員は再び発言し、【お金の使い方が問題であり
団塊の世代の50人学級が45人になったときの経験を
話し、政権が変わらなければ実現しない問題ではない】
ことを話しました。


終わってから、父母の方々から、【今日の懇談は
面白かった。少人数学級を1日も早く実現してください】
と口々に激励されました。
スポンサーサイト
[ 2006/02/12 00:13 ]

| 地域活動 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。